東京防犯健全協力会とは

東京防犯健全協力会について

東京防犯健全協力会は、首都圏の個室付特殊浴場を中心とした店舗の組合で、20年以上に渡り社会貢献活動を行っています。1984年12月19日に業態名が今の「ソープランド」に変わり、街中に各店舗が共存する形となった組合員は、自店の運営と共に、地域の中で「必要な存在」をテーマに活動しています。今から新たな出店が出来ない業界のため、社会認知をして貰うために活動の公示、報告を行っていくことと致しました。

組織

会 長 高橋 俊夫
副会長 飯塚 啓

理事12名、顧問税理士1名、顧問行政書士2名、監査役1名、顧問2名、事務局2名の体制。

東京防犯健全協力会 事業計画

平成30年度 事業活動計画

01.毎月21日をメドに会長・理事会を開催する。
02.東京防犯健全協力会の総会を5月とする。
03.保健所の指導徹底をはかり、公開指導の実現に努力する。
04.環境衛生行政に協力する為、環境衛生協会に積極的に協力する。
05.社会貢献のため福祉募金を継続し、社会福祉事業に協力する。
06.東京防犯健全協力会加盟店、業績発展の為広報活動を展開する。
07.店舗老朽化に伴い、風営法第二条第六項一号に該当する、公衆浴場の改築出来るよう法改正の陳情運動を図る。
08.各支部設立の推進。
09.会員相互の親睦をはかる為、旅行会等の開催をする。
10.各地の環境浄化に協力し犯罪防止に努める。
11.東京都暴力団排除条例を遵守する。
12.「正規クレジットカード」の導入を推進する。
13.暴力追放運動推進都民センターの加盟を推進する。
14.その他必要と認められる事業。

PAGE TOP